• ホーム
  • 降圧剤と併用してはいけないもの

降圧剤と併用してはいけないもの

血圧が高い状態が続くと血管や心臓に大きな負担がかかります。
降圧剤は血圧を下げることによって、心臓病や脳卒中をはじめとする症状を未然に防ぐ(または再発を防ぐ)事を目標としています。
また降圧剤は、血圧を下げるために体内の様々な場所に影響を与えます。
そのためそれを阻害したり促通させてしまう薬を併用すると、大変危険です。
ここでは併用禁忌(飲み合わせの悪い薬)の中でも代表的な「NSAIDs」と「ヒスタミンH2受容体拮抗薬」について紹介していきます。

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症剤)は、鎮痛作用や解熱作用を有しているステロイドではないものの総称で、一般的には鎮痛剤や解熱剤として使用される事の多い薬です。
体内の水やナトリウムの排泄促進物質を抑制するため、体液量が増え、その結果血圧は上がる方向に作用します。
ですからこの種類の薬を降圧剤と併用すると、降圧剤の効果が減弱することが知られています。
つまり降圧剤で適切にコントロールされていた血圧が、NSAIDsの服用をきっかけに再び高くなってしまう事があるのです。
ヒスタミンH2受容体拮抗薬は、胃酸の分泌を抑える作用があり、一般的には消化性胃潰瘍の薬として知られています。
この薬と降圧剤を併用すると、降圧作用が増強され、血圧が通常より低くなりすぎる事があります。
1つの病院で薬を処方してもらっている場合は、医師と薬剤師が飲み合わせの悪い薬をチェックしてくれていますが、自分でも日頃から気をつけるようにしましょう。
また複数の病院に通う場合は「お薬手帳」などを利用して、安全に服用できるようにしましょう。
また「健康のため」とサプリメントや漢方薬を飲んでいる人もいるかと思いますが、一緒に飲む薬によってはお互いに影響して効かなかったり逆効果になる事もありえます。
また市販薬(かぜ薬など)も作用の重複や拮抗作用などの危険がありますので、必ず医師に相談するようにしましょう。

降圧剤服用中に気をつける食べ物、飲み物

一般的な薬剤は、腎臓から排泄されたり肝臓で代謝されたりする事で血中濃度(薬の効き)が低下していきます。
降圧剤も同様です。
しかしグレープフルーツに含まれる成分がこの働きを阻害するため代謝が不良になり、その結果、薬の血中濃度が下がらず降圧作用が強く出過ぎてしまう事になります。
血圧が過度に低下すると頭痛やめまい、顔面紅潮、動悸、吐き気などが起こり、最悪命に関わる危険な状態になることもありえます。
先程「グレープフルーツに含まれる成分が肝臓での代謝を阻害する」としましたが、正しくは「グレープフルーツ果汁に含まれる物質によって肝臓での薬物代謝酵素の活性が阻害される」となります。
ですからグレープフルーツジュースとの同時服用は絶対禁忌となっています。

またグレープフルーツの影響は少量でも長時間持続するという報告もありますので、飲み合わせの悪い薬を服用している間は、グレープフルーツを食べるのもやめておいた方がいいでしょう。
生活習慣病や糖尿病の患者さんは、糖度の低い柑橘類のフルーツを勧められる事が多いので、降圧剤の有無をしっかり確認してください。
また柑橘類の中でも、グレープフルーツの他にハッサクやザボン、スウィーティー、夏みかん、ブンタンなどは要注意です。
反対にミカン、オレンジ、レモンやカボスなどは影響しないとされていますがはっきりしない部分もありますので、柑橘類の摂取については必ず医療機関での確認を行なってください。
また血管拡張性降圧剤は、レバーやホタテ、牡蠣、カボチャなど、亜鉛を多く含む食べ物とは飲み合わせが悪く薬の効き目が高まってしまい、頭痛、立ちくらみ、関節痛などが起こる事があります。
これらは摂取量とも関係しますので、やはり医療機関での確認を行なってください。

関連記事