• ホーム
  • 血圧を下げるには有酸素運動がいい

血圧を下げるには有酸素運動がいい

血圧を測定される患者

高血圧で治療を行っている人は、医師から生活習慣の改善を指導されることが多くあります。
食事の減塩と運動が主な内容ですが、血圧を下げるためにする運動は有酸素運動が効果的だと言われています。
運動と食事の改善だけで、血圧を下げることができる人もいるのです。
降圧剤は一度飲み始めるとずっと飲み続けなければならないと言われていて、服用したくないという人もいるでしょう。
そんな場合には、まずは運動と食生活の改善を行ってみるところから初めてみましょう。

有酸素運動は運動があまりきつくなく、ゆったりと行うことができるもののことを言います。
規則的に呼吸ができ、酸素を多く吸い込みながら運動ができるウォーキングや水泳、自転車やエアロビクスが有酸素運動の代表的なものです。
運動を行うと、一時的に血圧は上がるのですが、ゆっくりと行う有酸素運動の場合には、全身の血管が拡張して血行が良くなるため、結果的に血圧を下げる効果があるのです。
無酸素運動と呼ばれる筋肉トレーニングなどは一気に血圧が上がってしまう可能性が高く、さらにそれを何度も繰り返してしまうため、高血圧で悩んでいる人にはあまり向いていない運動と言えます。

血圧を下げる効果を期待するなら、1日30分のウォーキングや水泳を行うことを2日に一回、それが無理ならば2日に1回行うことを日課にすると良いでしょう。
連続して30分が難しければ、10分歩くことを1日3回習慣づけるという方法もあります。
日常生活でも階段を使わないようにするだけでも有酸素運動の効果は期待できます。
また、今まで運動をしてこなかった人が急に長時間の運動を始めると、大きな負担となります。
そのため、少しずつで構わないので身体を鳴らしていくようにしましょう。

関連記事